卵を恐る時代は終わりました!

卵を常識を変えましょう!

 

皆さんは卵を一日に何個まで食べても良いと思いますか?

 

卵はコレステロール値に関係すると思いますか?

 

昔は卵に含まれるコレステロールが体に悪さを起こすと言われ続けていました。

 

病院でもそのように指導されていました。

 

しかしその後、科学的に信憑性が低いため研究が進みました。

 

 

どうなったの?

 

卵とコレステロールは無関係であることが証明されました🎉

 

私は卵の安全性を謳ってきましたが未だなかなか信用されず、昔から言い伝えられていたことを信じる人が多いのです。

 

そこで今回はこの話題を取り上げて誤解を解きたいと思います。

 

卵は毎日3個までなら体に影響はありません

 

体質によれば、10個食べ続けてもコレステロール値に影響が現れない人もいます。

 

卵で悪玉コレステロール値(LDL)が上昇するということは無いのです。

 

ある試験で、メタボの中高年男女に3カ月間、毎日卵を3個食べてもらいました。

3カ月後には善玉コレステロール(HDL)が上昇して悪玉コレステロールが低下しました。

更に動脈硬化を引き起こす物質の減少もあり、糖尿病を引き起こす物質の低下も起こったのです。

すなわちメタボ解消には有効であったということでした。※食事管理しています。

 

卵3個で悪玉コレステロールが上昇することはありませんでした。

 

鶏卵生産者達はコレステロールが低いというデータもあります。

 

では何故、卵はコレステロールが上昇すると言われてきたのか?

 

 

1913年にロシアでウサギに卵を与える実験をした所、コレステロール値が上がり動脈硬化になったのです。

これをきっかけに「卵=悪玉(LDL)コレステロール」という考え方が生れて医学上に広まっていきました。

しかし、ゆくゆく考えてみるとウサギは草食動物である為、もともと卵を摂取する体の仕組みになっていない訳です。

そんな体に卵が侵入してくると、もちろんのこと異常を起こします!

例えですが、タマネギには害はなく健康に良いと思いますよね!

しかし犬が食べると中毒を起こします。

このように、それぞれの動物に合った食べ物がある訳です。

 

雑食の人間は大丈夫!

 

人間の腸では、必要以上のコレステロールは吸収しないように調節してくれているので安全です。

 

そもそもコレステロールは肝臓で作られており、食材のコレステロールと、血液中のコレステロールは違います。

 

体内のコレステロールの割合は

 

食材2割・肝臓8割

 

 

肝臓の健康の方が関係しています。

 

 

しか〜し、卵を食べて急激にコレステロール値が上がる人がいます。

 

 

小腸で活動している腸内細菌の種類により、俗に言う悪玉菌が悪玉コレステロールを上昇させてしまうのですΣ(゚д゚lll)

 

つまり、コレステロール値の変動は、腸内環境の悪化が大きな要因になっています。

 

 

まとめると、特定の食材で血液の状態が変化しているのではなく

 

食事のバランスが崩れることにより

 

血液に異常が現れてくるとお考えください。

 

次回は、卵のパワーについて書いていきまーす(^^)

ご相談・ご連絡等は下記までお問い合わせください

お問い合わせ先 TEL:084-994-5437
メール:shige@jpsa-aruku.com

PAGE TOP